ビルドマッスルhmb副作用はない?どんなアレルギーの人が飲めないの?

ビルドマッスルhmb 副作用 アレルギー

 

ビルドマッスルHMBを飲んでビルドアップ、パンプアップを目指そうとしている人の中には、やはりビルドマッスルHMBを飲むことで副作用が起こるのでは?という心配を持つ人もいますよね。
そこで、副作用について調べてみました。

 

ビルドマッスルHMBに副作用はない

 

まず一つ、ビルドマッスルHMBは、医薬品ではなく健康補助食品といっていわゆるサプリメントです。
サプリメントの場合、医薬品程強烈な効果がなく、基本的に副作用が起こるような危険性がないことが条件になって販売されています。
そのため、ビルドマッスルHMBには副作用というのはありません。

 

筋肉増強をすることができるといわれているステロイドという医薬品成分は含まれていませんので、ステロイドが引き起こす副作用の心配もありません。

 

健康補助食品であるビルドマッスルHMBは、効果自体が急激ではない分副作用はないのですが、実は一つだけ気を付けなければならないケースというものがあるんです。

 

それが、食品アレルギーです。

 

人によりアレルギーが発症する危険性はある

 

食品アレルギーがあるという人の場合には、特に注意が必要になってきます。
必ずビルドマッスルHMBの成分ではなく原材料をチェックして問題がないかを確認することが必要です。

 

ちなみにビルドマッスルHMBの全原材料は以下の通りになっています。

 

カルシウムHMB、トンカットアリ抽出物、コロハ種子抽出物、黒胡椒抽出物、シナモン樹皮抽出物、結晶セルロース、ステアリン酸Ca、微粒二酸化ケイ素、L-イソロイシン、L-グルタミン、L-バリン、L-ロイシン

 

この中で特に食品アレルギーを持つ人が注意すべきものというのはどのようなものがあるのでしょうか?

 

  • トンカットアリ抽出物
  • コロハ種子抽出物
  • 黒胡椒抽出物
  • シナモン樹皮抽出物

 

この辺りが気になる原材料になってきます。

 

 

ビルドマッスルhmb 副作用 アレルギー

トンカットアリには大きな副反応はないと言われています。
ですがごくまれに消化器系の不調が出てくることがあります。

 

コロハ種子はマメ科の植物コロハの種子です。
つまり、マメ科のアレルギーがあるという人にとっては要注意の成分です。

 

黒胡椒は実は遅延型の食品アレルギーが出てくる可能性がある成分です。
摂取した直後ではなく、少したってからアレルギー症状が出ることがあります。

 

シナモン樹脂皮膚にかゆみが起こる、くしゃみや鼻水が止まらなくなるといったアレルギー症状の他に、消化器系の症状も引き起こすことがあります。

 

過剰摂取にも注意が必要

 

ビルドマッスルhmb 副作用 アレルギー

 

ビルドマッスルHMBは健康補助食品として副作用を持ちませんが、これはあくまでも摂取目安量をしっかりと守るということが必要になってきます。
実は過剰摂取を行うと、肝臓機能に負担をかけてしまい、肝機能障害を引き起こす危険性があるということが分かってきています。

 

これは燃焼系アミノ酸BCAAは、過剰摂取によって肝臓や腎臓を酷使することになり機能低下を引き起こす危険性があるということが分かってきているんです。
通常の量を摂取している分にはまったく問題はありませんが、過剰摂取にならないようにすることが必要です。

 

目安量はこちら

 

ビルドマッスルhmb 副作用 アレルギー

 

ビルドマッスルHMBは1日4粒が目安量です。
体調に合わせて4〜8粒を調整することが出来ますが、8粒以上摂取する事は避けることが必要ということになってきますよね。

 

万が一アレルギー症状と思われる症状が現れたら、服用は一時中止して、医師に相談をしてみるようにしましょう。
アレルギー症状が軽度と自己判断をすると、重篤なアレルギー症状が発症してしまう危険性もあります。
安易な自己判断をせず、やはり医師に相談をすることが必要になります。

 

また食品アレルギーがある人は、まずは1粒から始めてみる、医師に相談をしてから始めてみるということが大切になってきますよ。

他にも気になる記事はこちら p(^^)q