最小限の努力で最大の結果を!体を大きく見せるために効率のよい筋トレ方法

 

 

筋トレを行っている男性の中には、なかなか効果が得られないと悩む方も多いですよね。
そのような方の場合、実は筋トレの方法を間違えている可能性もあるのです。

 

ここでは、正しい筋トレの方法をチェックしていきたいと思います。

 

 

腹筋の正しいやり方

 

 

腹筋は、頭が膝につくくらいに上体を起こさなくてはならないと思っている方もおられると思います。
というよりも、スポーツテストなどでも頭がつくまで上体を起こすことで1回にカウントされるため、そのやり方は正しいと思ってしまいがちですよね。

 

ですが、正しい腹筋のやり方としては、膝まで頭がつくくらいに上体を起こすのではありません。

 

 

 

 

おへそが見えるくらいまで上体を起こす

 

正しい腹筋のやり方としては、以下のとおりです。

 

1.膝を軽く立てて、肩幅程度まで足を開きます
2.両腕を頭の後ろにあてます
3.おへそが見える程度まで身体を起こしていきます

 

身体を勢い良く膝につくくらいまで起こすのではなく、ゆっくりとおへそが見える程度まで起こすだけでOKです。
勢いよく起こすのはただ単にメチャクチャに身体を持ち上げているだけで、効果を得ることが難しくなります。ゆっくりとおへそが見える程度まで起こすだけで十分です。

 

 

腹筋を動かすようなイメージで行うようにしましょう。

 

 

正しい腕立て伏せのやり方

 

 

では次に、正しい腕立て伏せのやり方についてご紹介していきたいと思います。
腕立て伏せを行う際には、ぐっと深く身体を落とした時にどうしても体重を支えるのが辛いため、頭から下がって床を舐めるようにして上体を持ち上げるという動きをされる方がおられます。

 

このように、上半身だけを動かし身体がうねるような形で腕立て伏せをしても、何の効果も得ることができず、ただ疲れるだけになってしまいます。

 

努力が無駄にならないよう、正しい腕立て伏せのやり方を見ていきましょう!

 

 

 

 

身体全体を落とすこと

 

1.胸を開くようにして手を肩幅より広めに置きます
2.肩甲骨を動かすイメージで、開いた胸を床に近づけるように落としていきます
3.この時息を吸いながら身体全体を落とすようにします
4.息をはきながら身体全体を持ち上げます

 

これが、正しい腕立て伏せのやり方です。
上半身だけをうねうねとさせていても、ただ肘を痛めやすくなるだけで効果が期待できませんので、正しいやり方を身に着けましょう!

 

 

正しい背筋のやり方

 

 

最後に、正しい背筋のやり方について見ていきたいと思います。
魚のようにバタバタと身体全体を動かしながら背筋をされる方もおられますが、もう少し落ち着いて行うようにしていきましょう。

 

また、手を顔の横におかれる方もおられますが、手は伸ばして床につけたまま行います。

 

 

 

 

足も持ちあげることがポイント

 

1.うつ伏せに寝て、手は伸ばして床につけたままにします
2.顎を床につけ、視線はまっすぐ前を見るように意識します
3.足と上半身を同時に持ち上げます

 

このように、うつ伏せに寝て手は伸ばした状態にしておくことがポイントです。
上半身と足を同時に持ち上げていくことも大切なので、意識して行ってみてくださいね。

 

上半身はそこまでしっかりと起こさなくても、胸を床から話す形にするだけでOKです。

 

 

正しい方法で効率よく筋トレを!

 

最小限の努力で最大の結果を得るために、このような筋トレを行っていくことが大切です。
「筋トレ=辛いもの」と思っている方の場合、体外やり方を間違えて覚えている場合が多いと言われています。

 

 

 

正しいやり方を確認してみると、意外とできたりするものですよ!
身体を鍛えて大きく見せるためにも、今一度自分が行っている筋トレを見直してみてくださいね

 

 

 

 

今ここです↓

 

 

次の記事です↓